小学校の近くで農業を営む森さん(高津区)

森さんは高津区久末で農業を営む19代目の農家さん。農地は高津区、橘地区の住宅地から少し離れた場所にあります。高津区の都市農家としてはかなり広い敷地で営農しており、ブロッコリーやキャベツ、ネギ、大根、ほうれん草など、季節の定番野菜を中心に年間40品目あまりの農作物を作っています。自宅での直売を中心にセレサモスやスーパーなどにも出荷しているそうです。家族で農業をしていますが、敷地が広いため労働力が足りなくなる夏場などには、従兄弟など親類の方に手伝いを頼むことがあるそうです。畑のすぐ近くに小学校があることから、小学生に畑を貸し出して農業体験のお手伝いもされているそうです。ご自身もPTA活動などを通して、地域の子どもたちとの交流にも取り組まれています。
「地元の小学生などに農業を体験してもらうことで、野菜作りのことを知ってもらったり、交流できるのは、農家にとってもいい体験ですね」

高津区の橘地区で、高津区の都市型農家としては広い敷地で営農されています。
自宅の敷地内にある直売所でもそのときどきの新鮮な野菜を販売しています。